ハゲを治す

薄毛を治す究極の育毛の選択肢

 

男性が最も気になるコンプレックス、それは薄毛・ハゲ

 

日本男性の薄毛人口は約1,200万人以上とも言われており、5人に1人が抜け毛、薄毛に悩んでいると言われています。

 

薄毛・抜け毛が気になり始めたら、早期改善をすることが大切です。

 

 

薄毛・抜け毛は、日々の生活環境の改善や育毛ケアを毎日継続することで少しでも進行を遅らせることができるようになります。

 

育毛に関する悩みや対策に理解を深め薄毛対策をスタートしましょう。

 

 

薄毛・抜け毛の原因はひとつだけではありません、自身の薄毛・抜け毛の原因を知ることで育毛がより効果的な物になります。

 

遺伝による薄毛

 


祖父母・両親など家系に薄毛の方がいる場合には、遺伝によって薄毛になりやすい傾向があるとされています。
今回のアンケート結果でも、もっとも多かった回答が『遺伝』でした。

 

ストレスによる薄毛

 


ストレスは薄毛の原因の一つと言われています。ストレスを感じることで体内の自律神経のバランスが崩れ、その結果、血行不良による毛乳頭への栄養不足、不眠症による毛髪の成長の妨げ、内臓機能の低下による 毛髪を構成するたんぱく質の吸収不足などを誘発し、薄毛や抜け毛の原因となります。

 

食生活による薄毛

 


油分の多い食事は皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりや、血行不良を引き起こすため薄毛や抜け毛の 原因となります。
また、栄養のバランスが偏った食事も毛髪に必要な栄養が不足するため、薄毛の原因となります。
毛髪を健康に保つためにはバランスの取れた食事を心掛け、良質なたんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂ることが必要です。

 

生活習慣による薄毛

 

ストレス

不規則な生活、睡眠不足。
毛髪の成長は夜間の就寝中に行われます。昼の間に受けた髪や皮膚のダメージは、寝ている間に働く免役細胞やホルモンによって修復されるため、睡眠不足や夜更かしは、この髪の成長を妨げることになります。

 

運動不足

運動不足は頭皮への血流を妨げ、毛乳頭や毛母細胞への栄養素や酸素の供給不足を引き起こします。 そのため、1日30分ほど有酸素運動をするなどして頭皮への血流を改善することが必要です。

 

タバコやお酒

ニコチンは毛細血管を収縮させるため、頭皮への血流不良を引き起こし、タバコにより体内のビタミンが破壊され、毛髪に必要な栄養素や酸素が不足します。
また、多量の飲酒は肝臓の働きを低下させるため、毛髪に必要なアミノ酸などを余計に使用してしまいます。 その結果、薄毛の原因となります。

 

育毛に肝心なことは、まずは抜け毛・薄毛になる原因を取り除くために規則正しい生活や正しい頭皮ケアを心掛け、体や頭皮を健康に保つことが重要です。

 

その上で育毛関連製品を使用される場合も、すぐに髪の毛が生えてくるわけではありません。

 

 

育毛は根気強く長い期間をかけて行うもので、自身に合ったものを「継続」すれば効果が現れる率は高くなります。

 

このコンプレックスを諦めてしまうのは、今後のあなたの人生や将来の容姿に関わってくるので早く対処しておくべきです。

 

育毛にはいろいろな方法があります。

 

髪の毛によい食物を摂ること、増毛、AGAクリニック、育毛剤を使うこと。

 

ここでは、「増毛」「AGAクリニック」「育毛剤」に焦点を当てて、コンプレックスの解消を狙っていきます。

 

 

薄毛コンプレックスを解消する究極の育毛の選択肢

 

  • 見た目重視、早く髪の毛を増やしたい 

     増毛法で解消する


  • お金はかかるが、根本的に薄毛を解消したい  

     AGAクリニックで解消する


  • お金をなるべくかけず日頃のヘアケアで薄毛を解消したい  

     育毛剤で解消する


 

食物摂取は効果がでるまで何年もかかる場合があり、必ずしも発毛できるとは限りません。その点、上の3つの方法は多くの薄毛に悩む人が選択しています。